太陽光発電を目的としたPV施工について

subpage01

今や私たちの暮らしに必要不可欠となった電力。

日本では火力、風力、水力、地熱他、また昨今よくそのメリット、デメリットが話題にあがる原子力発電まで多くの方法で私たちの生活を支える電力を生み出しています。

これまで電気は電力会社から買取り使用していたのですが、近年では各家庭で電気を生み出し使用したり、電力会社から買取る量を削減することができるようになってきていることはご存知ですよね。

その方法が日中に私たちを照らしてくれている太陽光を利用した発電Solarphotovoltaicsです。

元来は宇宙開発などで用いられていた技術が、用途が広まりそして低コストになり一般家庭まで普及し始めました。

軽井沢の土地に関する情報が満載です。

PV施工とは家庭において太陽光発電をする為の工事を行うことを言います。一般家庭におけるPV施工では屋根を利用するものと所有する土地そのものに野立てのをするものとの大きく2種類に分かれています。

どちらも太陽光を吸収するためのモジュール(パネル板)を設置するための架台を取り付け、モジュールを取り付けていきます。


太陽光発電では直流の電気が生み出されますが家庭で使用するものは交流の電気になりますので、直流の電気を交流の電気に変換するためのパワーコンディショナを設置します。



その他に電力会社への申し込みをすることで家庭で生み出した電気を使用、余った電気を電力会社に買取ってもらうなど実用までに手順を踏みます。


環境に配慮し、家計の負担も軽減する可能性がある太陽光発電ですが、PV施工の際には実際の屋根の強度に耐えうるものか、初期費用の回収が可能なプランであるか、特にその施工会社が専門的な知識や資格を有しているかなどをしっかりと確認した上で依頼をするようにしましょう。


よりよい暮らしと環境の為に私たちが選び実践できることをしていきたいですね。
PV施工とは、「PhotoVoltaic」の略のことで光電池や太陽電池を設置する工事のことをいいます。



太陽電池を設置するときには、専門業者へ依頼しますが、そのときにPV施工技術者の資格を取得している人がいる業者だと安心して依頼が出来ます。PV施工技術者とは、一般住宅へ太陽光発電システムを設置するときに必要な、施工者の基礎的な知識や技術、習得レベルをJPEAが認定した資格のことです。



この資格は、業界全体の執行レベルを揃えて、設置者が安心して工事を任せられるような施工技術者の確保や増員を目指したもので、太陽光発電をこれまでより普及させながら、健全な発展を図るものとされています。

この資格は、国家資格ではなくて、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)が行っている民間団体の任意資格になります。


資格があると業務の上でも有利ですが、持っているだけでは様々なメーカーのPV施工が出来るようになるわけではありません。



設置工事を正しく行ってメーカーの保証を受けるには、メーカーが発行している施工IDを取得しなければなりません。



また、持っていなくても設置工事や売電申請などは出来ます。



資格を持っていると、設置者からすれば認定証の確認が出来るので、施工に関しての基礎的な知識や技術レベルを持つ人を簡単に識別することが出来ます。



また、PV施工事業者には、太陽光発電システムの施工に関わっている人の基礎的な知識や、技術レベルを今まで以上の水準で確保できて、メーカーは、自社個別の内容にあった施工方法で研修が行えるので、効率がよくなり技術水準の確保や向上が出来て、業界全体で良い技術者の育成にもつながります。

関連リンク

subpage02














PV施工とは何を意味するか

太陽光発電を導入しようと太陽光発電について調べていると、PVやPV施工など聞きなれない言葉を耳にします。PVとはPhotovoltaicsの略称であり、太陽光発電を意味します。...

NEXT
subpage03














PV施工技術者制度の概要とその必要性

「PV施工技術者制度」とは、平成21年度から平成23年度にかけて実施された「住宅用太陽光発電システム設置工事に関する研修事業」の成果を活用して、住宅用の太陽光発電システム設置においての、一定水準の品質確保や向上を目的として創設された新しい制度です。住宅用の太陽光発電システムは、設置することで受けられる補助金制度や、自宅で電気を使用して余りが出るとそれを電力会社へ売ることが出来る「余剰電力買取制度」などの施策の効果もあり、導入件数が飛躍的に増加しています。...

NEXT