PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットとは

subpage01

PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットには、いくつかあります。



PV施工の太陽光発電は、エネルギーが無限で石油などを燃焼させて電気を発生させる火力発電のように、二酸化炭素などの大気汚染になる物質を発生することがありません。
そのため、二酸化炭素削減になるので地球にも優しいです。
また、導入するシステムの規模に関係なく発電の効率がほぼ一定です。
規模も設置する場所の広さによって自由に決められます。例えば、一般家庭なら屋根の上が最も多いですが、それ以外に広い土地があるならそこに並べることも出来ますし、大規模な施設でも合わせてPV施工が出来ます。



発電するときにも騒音や排出物などもないので、日射量の確保だけ出来れば設置場所はそれほど限定されません。



屋根や屋上、壁など様々な場所へ設置が可能となっています。

システムが複雑そうに見えますが、実は構造的にはシンプルです。

システム自体の寿命も20年以上とされていて、定期的にメンテナンスは必要ですが他の発電システムと比べると楽です。


初期費用が高額というデメリットもありますが、これも補助金制度や長く使用することで回収は可能ですし、余った電気を売ることで利益を得ることも可能です。



一般家庭だけでなく、企業でも取り入れるところが増えています。

環境対策にもなりますし、また企業の広報としてイメージを高めることも出来ます。

また、災害などが起きた時にも電力を確保することが出来ます。

PV施工で取り付ける太陽光発電システムは、見た目は難しいように見えますが、しくみ自体はそれほど難しいものではありません。



住宅のPV施工の太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池で直流電力を発電します。直流のままだと使用が出来ないので、パワーコンディショナで電力会社と同じように交流電力に変換して、家庭内にあるコンセントに送ります。一般の太陽光発電システムでは、電力会社の配電線と繋がっているので、発電電力が消費電力よりも上がったときには、電力会社へ送電して電気を買いとってもらうことも可能です。



また、夜や曇り、雨の日など電力が足りないときには、電力会社の電気を買うことになります。

このやりとりは、自動で行われるので操作などは必要ありません。
PV施工では、主に次のような装置を設置します。



太陽電池は、太陽の光エネルギーを直接電気変換する装置でソーラーパネルのことです。
接続箱は、太陽電池からの直流配線を一つに纏めて、パワーコンディショナに送るための装置で、パワーコンディショナは、太陽電池で発電した直流電力を交流電池に変換します。



分電盤は、家の配線に電気を分けて、電力量計は電力会社に売電した電力や、購入した電力を計量するメーターで、売電用と買電用二つがあります。


PV施工は、屋根の補強工事などがなければ通常は2日から3日ぐらいで終わります。屋根の状態によっては、設置出来ないこともあるので事前に屋根を検査してもらった方がよいです。

関連リンク

subpage02














PV施工をするときには様々なメリットがある

PV施工で太陽光発電システムを導入すると、自宅で電気を発電出来るので電気料金の削減が期待出来ます。オール電化だと効率よく電気が活用できる上に、ガス代がかからないので光熱費を節約できます。...

NEXT
subpage03














PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットとは

PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットには、いくつかあります。PV施工の太陽光発電は、エネルギーが無限で石油などを燃焼させて電気を発生させる火力発電のように、二酸化炭素などの大気汚染になる物質を発生することがありません。...

NEXT