PV施工をするときには様々なメリットがある

subpage01

PV施工で太陽光発電システムを導入すると、自宅で電気を発電出来るので電気料金の削減が期待出来ます。


オール電化だと効率よく電気が活用できる上に、ガス代がかからないので光熱費を節約できます。

PV施工の最大み魅力は、余った電力を電力会社に売電出来ることです。
簡単な手続きをすれば、自動的に電気の売電が行われて差額が収入となって振り込まれます。

夜間は発電出来ないので電気を買う必要がありますが、夜間は時間帯別電灯契約などを契約すれば電気料金を削減出来ます。PV施工では、国や県、地方自治体などから補助金が貰える制度があります。



また、地震や台風などの自然災害などの停電が起きたときでも、太陽が出ている昼間なら発電した電力を利用出来ます。

一時的には、太陽光発電システムは停電しますが、パワーコンディショナ付近にある非常用コンセントを利用すれば、最1500kWまで電力を利用出来ます。
エアコンや電気の消費量が多い電化製品は利用出来ませんが、少ない家電なら利用が可能です。

太陽光システムは、ソーラーパネルを設置しますが、それによって断熱効果も得られます。屋根へ設置した場合、直射日光を遮るので涼しくなり、冬は外部へ放熱を抑えるので暖かく過ごせます。



断熱効果があるので、エアコンの使用も少なくなるので節電が期待出来ます。更に、二酸化炭素を出さないクリーンエネルギーです。



地球にも優しく、そして家庭にも優しい発電システムが太陽光電池です。


PV施工を行うときには、最初に主な流れを把握しておくことが重用です。
太陽光発電システムを導入する目的や予算などを考えておきます。



一度導入すると、10年以上の長い付き合いになるので、導入前には基礎的な知識などを学んでおくと安心です。
導入することが決まったら、PV施工をしてくれる業者に見積を依頼します。
この時に、自宅の屋根の向きや形状などを確認して、複数社に依頼を出します。



見積りで、大体のPV施工の費用や発電量などがわかりますし、複数に依頼することで料金なども比較検討出来ます。そして、気にいった業者が見つかったら現地調査を依頼して正式な見積もりを出してもらいます。太陽光発電は、屋根の向きや設置角度で発電量が変ってくるので、現地調査で日照時間など設置環境による発電量を試算してもらいましょう。また、この時に屋根の強度も調査してもらい、設置が可能かを調べます。強度が足りない場合は、別に工事が必要となります。



現地調査のあとは、業者からソーラーパネルの配置図面、設置後の外観シミュレーションを含めた見積書がもらえます。

システムの価格以外に、発電出来る電気量、売電出来る電気量、設置工事費、補助金などを確認して契約を結びます。契約のあとは、設置工事があります。
工事自体は、屋根の補強などがなければ2〜3日です。

設置したあとは、電力会社と売電契約を結び、運転を開始させます。
見積を依頼してから、運転開始までは大体1ヶ月から2ヶ月弱かかります。



また、補助金は運転が開始されてから数カ月後です。運転した後も、定期的なメンテナンスが必要になるので、業者とよく確認しておきましょう。



関連リンク

subpage02














PV施工をするときには様々なメリットがある

PV施工で太陽光発電システムを導入すると、自宅で電気を発電出来るので電気料金の削減が期待出来ます。オール電化だと効率よく電気が活用できる上に、ガス代がかからないので光熱費を節約できます。...

NEXT
subpage03














PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットとは

PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットには、いくつかあります。PV施工の太陽光発電は、エネルギーが無限で石油などを燃焼させて電気を発生させる火力発電のように、二酸化炭素などの大気汚染になる物質を発生することがありません。...

NEXT