PV施工とは何を意味するか

subpage01

太陽光発電を導入しようと太陽光発電について調べていると、PVやPV施工など聞きなれない言葉を耳にします。PVとはPhotovoltaicsの略称であり、太陽光発電を意味します。PV施工とはすなわち太陽光発電をするための器具の設置など工事のことを意味します。
これらのことを施工しようとすると、太陽光発電の基礎知識やパネルの設置方法、どのように防水されていて配線などの場所の確保など様々な知識が必要となります。これにはPV施工技術者制度と言うものがあり、民間による認定資格が存在します。
太陽光発電の基礎知識はもちろんのこと、太陽電池やそれ以外の知識、住宅の屋根に関することや安全に作業するためのこと、法律関係などその他にも事細かに必要とされる知識があります。
しかしこの資格は誰でも受けられるものではなく、さらに研修制度があり座学及び実習その後に認定試験に合格し初めて認められる資格となります。

このように厳しい課程をへて得られる資格であるため、太陽光発電を導入する場合にはチェックしたい点でもあります。


太陽光発電の導入には少なくない資金が必要になり、使ってみてからやっぱりやめたということはできません。

導入するときは施工会社と綿密に話し合い、どんな疑問でも確認しましょう。そして自分で納得ができて初めて導入に踏み込むことが大切です。

周りに導入している人がいるなら感想を聞いたり、自分で調べてみるのも良い購入をすることにつながります。
自然エネルギーの利用促進のためには、太陽光発電の推進が欠かせません。
国は助成制度を用いて一般家庭における太陽光パネルの設置を推進してきました。
太陽光パネルの設置は太陽光発電システムの製造メーカーなどが行う研修を受けた技術者が行っていました。
太陽光パネルの設置には共通する資格制度がなく、製造メーカーは独自に研修を行い技術者の養成を行わなければなりませんでした。

一方、太陽光パネルの設置を希望する一般ユーザーは、安心して設置を依頼できる技術者を見極めることができませんでした。
そこで太陽光発電協会は製造者、一般ユーザー双方の潜在的な要求を考慮して、住宅用太陽光発電システムの施工における技術水準の確保と一般社会への技術保持者の周知を目的に、PV施工技術者制度を設置しました。

これは、同協会が経済産業省の委託を受けて行った「住宅用太陽光発電システム設置工事に関する研修事業」の成果を元に創設したものです。
PV施工技術者制度は同協会が蓄積した研修ノウハウに加えて、各太陽光発電システムメーカーの施工技術者養成における知見も取り入れた、業界共通の基礎技術認定制度として実施されるものです。PV施工技術者の養成は、研修、認定試験、認定の行程からなっていて、一定の水準に達したものに対して、同協会から認定証が交付されます。
PV施工技術者として施工業務にたずさわる者は、求めに応じて認定証を提示する必要があります。

認定の有効期間は4年とされ、更新研修を受講することにより有効期間が延長されます。

















関連リンク

subpage02














PV施工をするときには様々なメリットがある

PV施工で太陽光発電システムを導入すると、自宅で電気を発電出来るので電気料金の削減が期待出来ます。オール電化だと効率よく電気が活用できる上に、ガス代がかからないので光熱費を節約できます。...

NEXT
subpage03














PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットとは

PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットには、いくつかあります。PV施工の太陽光発電は、エネルギーが無限で石油などを燃焼させて電気を発生させる火力発電のように、二酸化炭素などの大気汚染になる物質を発生することがありません。...

NEXT