PV施工技術者制度の概要とその必要性

subpage01

「PV施工技術者制度」とは、平成21年度から平成23年度にかけて実施された「住宅用太陽光発電システム設置工事に関する研修事業」の成果を活用して、住宅用の太陽光発電システム設置においての、一定水準の品質確保や向上を目的として創設された新しい制度です。

住宅用の太陽光発電システムは、設置することで受けられる補助金制度や、自宅で電気を使用して余りが出るとそれを電力会社へ売ることが出来る「余剰電力買取制度」などの施策の効果もあり、導入件数が飛躍的に増加しています。
また、次々と原子力発電所の停止措置により、今後の電力不足も懸念されていることもあり、更なる太陽光発電システムの増加が期待されています。
こうした状況に伴い、優秀な施工技術者の確保と増員が急務となっているのです。

PV施工技術者制度は、一般住宅に太陽光発電システムを設置する際に、必要とされる施工の基礎的知識に加え、専門的技術に関して、その水準を事業団体が設定し認定することで、この業界全体の施工品質水準を向上させていくことが目的となっています。

この制度は、研修カリキュラムを基にして太陽光発電システムメーカーが独自に行っていた研修を、この制度の基礎的技術研修に取り込み、共通化させて実施することになっています。
流れとしては、研修、認定試験、認定となり、研修ではPV施工技術者認定希望者のうち、各社別施工ID取得者または平成23年度の「住宅用太陽光発電システムに係る施工研修」の修了者以外は、認証試験を受け合格すると次の認定試験に進めます。また、前記の2つに当てはまる者は研修を省略して認定試験へ進むことが可能です。

そしてこの認定試験に合格するとPV施工技術者として認定される仕組みです。PV施工を行う前に、太陽光発電システム自体の価格と工事費以外の費用も考えておかなければなりません。
地方自治体によっては補助金があったり、削減できる光熱費や売電収入などもあるので、それを考えて長い目で費用のことを頭に入れておく必要があります。

PV施工をする場合、初期費用の回収は10年以内に出来るのが望ましいといわれています。
国や都道府県などの補助金や売電収入によっては8年ぐらいで回収可能になったり、節電などをすれば短期間で回収が可能になります。

PV施工の費用を算出するときには、一つの目安として「1kWあたり41万円、50万円」があります。


例えば、3.5kWの発電能力がある太陽光発電システムだと、初期費用と工事費が41万円×3.5で143.5万円となります。

50万円なら175.0万円です。これは、国の補助金からの逆算で、2013年度だと1kWあたり41万円以下、もしくは50万円以下の2段階で交付されています。


一般的な住居だと、システムの容量が3〜5kWで、費用の相場は123〜205万円程度です。
太陽光システムを導入するときには、初期費用やメリット、そして補助金制度を考えておくことが大切です。
経済的には光熱費を減らすことが出来て、発電で余った電気を電力会社に買い取ってもらい、初期費用の回収も可能になります。

更に、補助金なども活用させていくことで、PV施工にかかる費用は削減させることも出来ます。

















関連リンク

subpage02














PV施工をするときには様々なメリットがある

PV施工で太陽光発電システムを導入すると、自宅で電気を発電出来るので電気料金の削減が期待出来ます。オール電化だと効率よく電気が活用できる上に、ガス代がかからないので光熱費を節約できます。...

NEXT
subpage03














PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットとは

PV施工で太陽光発電システムを導入するメリットには、いくつかあります。PV施工の太陽光発電は、エネルギーが無限で石油などを燃焼させて電気を発生させる火力発電のように、二酸化炭素などの大気汚染になる物質を発生することがありません。...

NEXT